言語学研究室 [朝鮮言語学・日韓対照言語学・韓国語教育]
野間秀樹 노마 히데키 연구실 NOMA Hideki 
(明治学院大学客員教授)

Corean 한국어판  | English | Esperanto | FineArt | Gallery | Gallery Room1著作業績一覧 facebook | 저작 업적 일람 facebook |
著作業績一覧 pdf | 論文download | 論文著作要旨 | Works: English | 推薦学習書 | 第二外国語は何語を?  | 『韓国語教育論講座』 | amazon

20 July 2016 (最新の更新日)
灼熱の夏の学びに幸いあれ!

★8月18日(木),19日(金)
延世大学校言語情報研究院,世宗大王記念事業会,韓国禅学会主催
訓民正音頒布570周年記念
〈仏教とハングル,韓国語●国際学術大会〉
場所=18日は 国立ハングル博物館,19日は延世大学校ペギャンヌリラウンジ

*8月 18日,14:00から国立ハングル博物館で主題発表・野間秀樹
「ハングルの誕生と仏教思想の言語」
韓国語学の権威・南基心(ナム・ギシム)先生や徐尚揆(ソ・サンギュ)先生のお話も伺えます!
どなたでも参加可能です.大会は全て韓国語で行われます

★早稲田大学エクステンションセンター中野校:新宿からもすぐ!
7月13日(水)から〈感動の韓国語〉夏学期3クラスを開講!
授業は通年ですが、お申し込みは学期ごととなっています
7月からでも,大歓迎です! どなたでも受講できます
絶妙の機会,迷ったら始めましょう!
挫折した,忘れてしまった…今一度の学び直しにもどうぞ


早稲田大学エクステンションセンター中野校 電話=03-5942-7210 e-mail:ex-nakano@list.waseda.jp
入門は水曜日19:00-21:00、野間秀樹、教科書=『韓国語学習講座 凜RIN 1入門』(大修館書店)。
初級は水曜日16:00-17:30、野間秀樹、教科書=『新・至福の朝鮮語』(朝日出版社)。
中級は木曜日18;30-20:00、高槿旭、教科書=『Viva! 中級韓国語』(朝日出版社)。全3ラスが開講。

★チェッコリ1周年記念講演★
東京堂書店にて楽しく終了!

「ことばを生きる私たち,ことばに学ぶ私たち
--韓国語=朝鮮語と日本語と,そして書物と」

2016年 
7月8日(金) 19:00-20:30

東京堂ホール 東京都千代田区神田神保町1-17 東京堂書店6F [神保町駅3分]
お問い合わせは、「韓国の本とお茶」ブック・カフェ〈チェッコリ〉 電話: 03-5244-5425
定員80名,満席のうちに,楽しく終了いたしました.ありがとう存じます!


www.aurora.dti.ne.jp/~noma/ への1998年5月以来人目のお客様ようこそ!
www.aurora.dti.ne.jp/~noma/ mirror site = www.noma.tokyo と合わせたご訪問者数: 無料カウンター

東京外国語大学(tufs.ac.jp)のサイトは2014年11月には36万9000人の方々が訪れてくださっています
2015年1月1日にはついに37万人を超えました!
このサイトと合わせて、50万人を超える方々が訪れてくださっています。ありがとう存じます!
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nomahideki/index.shtml

〈韓国語を学ぶ noma hideki〉公開 facebook pageは2014年10月30日には2600人、11月30日には2700人、12月18日には2800人、2015年1月3日には2900人
3月21日にはついに3000人、現在は3800人以上の方々が共にしてくださっています
https://www.facebook.com/study.korean.nomal






★東京神田神保町ブック・カフェ〈チェッコリ〉で連続講義
第5回は6月10日(金曜日)19:00-20:30 楽しく終了しました
「韓国語から日本語を照らすⅡ--文法と表現のありようを見る!」
第4回は5月27日(金曜日) 楽しく終了しました
「韓国語から日本語を照らすⅠ--総論,文字と発音,語彙を見る!」

★2016年3月18日(金)19:00-から、東京神田神保町のチェッコリで
野間秀樹 連続特別講義 第2回目
〈ハングルからの展開--訓民正音の知と共に飛翔せん〉

チェッコリ電話=03-5244-5425 満席,終了しました.ありがとう存じます!
4月8日の第3回「韓国語はこう学びたい!--
入門初級者のための,楽しく,できるようになる究極奥義」も満席,楽しく終了しました

第5回は6月10日(金)19:00-です
第4回「韓国語から日本語を照らすⅠ――総論,文字と発音,語彙を見る」は5月27日(金)です


2016年3月17日(木)1日限り
早稲田大学エクステンションセンター中野校
(電話=03-5942-7210)

〈感動の韓国語〉入門と初級の無料公開模擬授業!
16:00-17:00は初級の、19:00-20:00は入門の、それぞれ模擬授業と講座説明などを行いました
大勢のお越し,ありがとう存じました

★2016年2月19日(金)19:00-から、東京神田神保町のチェッコリで

連続特別講義第1回目「ハングルからの出発――訓民正音とハングルの知に学ぶ」
> 満席。楽しく終了しました。ありがとう存じます!

 ★2016年1月7日・12日・13日から、早稲田大学エクステンションセンター中野校で
楽しすぎる感動の韓国語、5つの講座開講中!

初級1はこちら ◆ 初級2はこちら中級1はこちら中級2はこちらボランティア韓国語はこちら
◆電話=03-5942-7210


★11月7日(土)11:00-
早稲田大学エクステンションセンター中野校で講演
〈韓国語はどうしてこんなに面白いのか
百数十名の方々が共にしてくださいました◆電話=03-5942-7210
ありがとう存じました


日本語文法学会編『日本語文法事典』(大修館書店),
小田勝『実例詳解 古典文法総覧』(和泉書院)などについて,

フェイスブックに書いています


2014年2月に『韓国・朝鮮の知を読む』(クオン)、4月に『日本語とハングル』(文藝春秋社)、
6月に『韓国語をいかに学ぶか』(平凡社)、10月には韓国で『한국의 지를 읽다』(위즈덤하우스)を
刊行させていただきました。
多くの方々にお力をいただきました。心よりお礼申し上げます。
★★★

●お知らせ

2016年7月13日(水)から夏学期クラス開講![予告]
4月13日(水)からのクラスは開講中です
早稲田大学エクステンションセンター中野校で

楽しすぎる感動の韓国語、3つの講座開講!
●入門は水曜日19:00-21:00、野間秀樹、教科書=『韓国語学習講座 凜RIN 1入門』(大修館書店)。
●初級は水曜日16:00-17:30、野間秀樹、教科書=『新・至福の朝鮮語』(朝日出版社)。
●中級は木曜日18;30-20:00、高槿旭、教科書=『Viva! 中級韓国語』(朝日出版社)。
*通年の講座ですが、お申し込みは学期ごととなっています
*夏学期はそれぞれの教科書の途中から始めます.春学期の簡単な復習も行います
*夏学期からの受講も歓迎します
◆電話=03-5942-7210 [何なりとお気軽にお問い合わせください]

■2016年1月12日・13日から
早稲田大学エクステンションセンター中野校で

楽しすぎる感動の韓国語、5つの講座開講中!

初級1はこちら ◆ 初級2はこちら
中級1はこちら中級2はこちらボランティア韓国語はこちら



■11月13日(金)18:30-20:30 公開講演
「ことばを問う―言語存在論が照らす、生きるための言語」
比喩的に言うなら、世界の半分はことばでできている。世界のうちを〈話されたことば〉が生き、〈書かれたことば〉がうごめく。そして今日、言語が行われる場―言語場(げんごば)―は驚くべき劇的な変容のただなかにある。同時代の私たちの言語場ではいったい何が起こっているのか。今日、私たちはことばをいかに見据えねばならないのか。西欧の言語学のみならず日本語や韓国語=朝鮮語をも視野に入れた、私たちに必要な言語の原理論とは何かを探る。
= 会場いっぱい,200名ほどの方が共にしてくださいました.ありがとう存じます!


■12月11日(金)18:30-20:30 公開講演
「ハングル―進撃の知」
ハングルという文字体系はいかにして15世紀朝鮮語圏に誕生したのか。そしていかに発展してきたのか。いったい人の世に文字が生まれるとは、どういうことなのか。仮名とは、漢字とは、アルファベットとは?〈 話されたことば〉はいかにして〈書かれたことば〉となりうるのか。ハングルの誕生と発展はなぜ〈知の革命〉なのか。ハングルを知の広野から照らすと、何が見えるのか。今日の私たちは何を学びうるのかを問う。
= 会場いっぱい,200名以上の方々の熱気で溢れました。ありがとう存じます!



明治学院大学 白金
(しろかね)校舎2号館 2302教室
108-8636 東京都港区白金台1-2-37
*ヘボン式ローマ字で知られるヘボン博士が1863年創設の明治学院,由緒ある建物も残るキャンパスでの講演でした.

●アクセス
*白金台
(しろかねだい)駅=東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線の2番出口 徒歩約7分
*白金高輪
(しろかねたかなわ)駅=東京メトロ南北線・都営地下鉄三田線の1番出口 徒歩約7分
*高輪台
(たかなわだい)駅=都営地下鉄浅草線のA2出口 徒歩約7分
*目黒
(めぐろ)駅,品川(しながわ)駅からバスでそれぞれ6分のコースもあります
*目黒駅,品川駅から徒歩は20分
*アクセス詳細は
こちらをどうぞ
●入場無料.予約不要.

主催,お問い合わせ=明治学院大学教養教育センター
TEL: 045-863-2067   E-mail: kkc@gen.meijigakuin.ac.jp

■明治学院大学・上智大学の提出レポートの書式ダウンロードはこちらです
[pwが必要です]


■11月7日(土)11:00-12:30 公開講演
早稲田大学エクステンションセンター中野校
〈韓国語はどうしてこんなに面白いのか〉
百数十名の方が共にしてくださいました◆電話=03-5942-7210
ありがとう存じました!


10月16日(金)19:00- 東京神田神保町のチェッコリ(03-5244-5425)でミニ講演
〈ことばの学びに,本当に大切なこと〉

満席,ありがとう存じました!


■2015年10月6日(火)16:00 -18:00 ( 開場15:30)
札幌で講演〈ハングルの世界〉を行いました!

200名定員を超え,会場溢れんばかりの方々がお越しくださいました.心よりお礼申し上げます.
10월 6일(화) 16:00-18:00, 삿포로에서 강연 <한글의 세계>! 200명 이상이 함께해 주셨습니다.
札幌講演 札幌講演
会場=ロイトン札幌2Fエンプレスホール
札幌市中央区北1条西11丁目地下鉄西11丁目1番出口徒歩10分
入場無料.定員200名
*講演当日お越しくださった全ての方々に、講師の著書『ハングルの誕生』もしくは『韓国語をいかに学ぶか』のいずれかを贈呈いたしました。
*また講演後には隣のホールで懇親会が開かれました。
主催●駐札幌大韓民国総領事館
後援●北海道,札幌市,在日本大韓民国民団北海道地方本部

事前のお申し込みが必要でした
◆ FAX  011-218-0315 ◆ E-mail  ohkwon14@mofa.go.kr
◆お問い合わせ電話
011-218-0288

★★早稲田大学エクステンションセンター中野校
9月29・30日より秋の韓国語,5つの講座が開講しています

一般市民の方々に開かれた講座です

-----------------------------
●入門  水曜日19:00-21:00:
    講師=野間秀樹(明治学院大学客員教授)

『韓国語学習講座 凜RIN 1 入門』(大修館書店)
★今こそ入門を!初めてのかたも既修のかたもどうぞ!

★圧倒的に楽しい,最初から話せる感動の講座へ!
★一切の迷いは,初日のクラスで消え失せるでしょう!

★2回目からのかたも,お申し込みはお急ぎください!

早稲田大学エクステンションセンター中野校 電話=03-5942-7210

●初級1 水曜日16:00-17:30:
    講師=野間秀樹(明治学院大学客員教授)

『韓国語学習講座 凜RIN 1 入門』(大修館書店)
●初級2 木曜日18:30-20:00:
    講師=高槿旭(コ・グヌク.明治学院大学・上智大学講師)

『新・至福の朝鮮語』(朝日出版社)
●中級1 木曜日16:00-17:30:
    講師=高槿旭(コ・グヌク.明治学院大学・上智大学講師)

『Viva! 中級韓国語』(朝日出版社)
●ボランティア韓国語 火曜日19:00-21:00:
    講師=金南听(キム・ナムン.明治学院大学・東海大学講師)

写真は早稲田大学エクステンションセンター中野校の,あたたかきスタッフの皆さんです
どうぞ何なりとお問い合わせ,ご相談ください:

-----------------------------
韓国語= 朝鮮語への入門から、初級、中級へのコースです。楽しくなければ、学習じゃない。話せなければ、使えない。知的でなければ、面白くない! お一人でも、どこに行っても、一生学び続けることができる韓国語の〈構え〉と〈基礎〉を培います。ささ、ご一緒に楽しんでください! 韓国語の豊かで可能性に満ちた基礎を、びしーっとうち固めます。頭脳だけでなく、ちょっと胸も打ち震える、ことばの学びを。
-----------------------------

一般申込が始まりました.お急ぎを!
初めての方もお気軽にお問い合わせください:
早稲田大学エクステンションセンター中野校 電話=
03-5942-7210

■2015年9月16日(水)
韓国・慶州の世界ハングル作家大会で特別講演を行いました

세계 한글 작가대회에서 강연. 경주시에서
●『中央日報』米州版の記事はこちらです facebook 抄訳つき 韓国語サイト
●曺圭益(チョ・ギュイク)先生のブログ〈백규서옥_Blog ver. 〉で言及してくださいました:
「(中略)この度のイベントの焦点は幾人かの外国人たちで,そのうち,フランスの作家,ル・クレジオと日本の言語学者野間秀樹教授はその中心であった.(中略)分野は異なるが,野間秀樹教授もまた我々に緊張と恥ずかしさを抱かせてくれる碩学であった.日本最高のハングルの専門家である彼は,終始余裕があり,淡々と言語の原理論の立場からハングルの創製と発展を説いた.我が国の言語学者やハングル学者には申し訳ない話であるが,これまで聞いてきたハングルに係わる講義のうち,最上のものというのが,列席者たちの評価であったし,私もまた同意せざるを得なかった.言語学の理論のしっかりした基礎,誠実で勤勉なる学究,優れた想像力の所産であることが,見てとれる.しかし何よりも〈韓国語と文字についての興味と愛情〉が底流をなしていることが,彼のことばから感じることができる.〈ハングルとはユーラシア東方の極に現れたエクリチュールの奇跡〉ということばを,日本人の学者から聞く気持ちは妙であったが,一方,嬉しいことでもあった.学問的論理に根拠を置いた点から,その妥当性に反駁し得なかったからである.そうした〈奇跡のごとき〉ハングルのよさをよく知らずに生きてきたこれまでの我が生に,恥ずかしさを感じたのは,当然のことではなかろうか.(以下略)」
講演資料集の原稿はこちらです
(補助資料です.講演の内容そのままではありません)




ル・クレジオ先生、柳岸津(ゆ・あんじん)
先生と共に *柳岸津先生は金柱演(キム・ジュヨン)先生に変更になりました.

9:00-12:00
国際PEN韓国本部主催、韓国文化体育観光部・慶尚北道・慶州市後援
*慶北日報の記事です


■2015年8月23日(日)14:00~16:00
福島で講演
を行いました!
8월 23일, 후쿠시마에서 강연
多くの方々のご参加、心よりお礼申し上げます!

「こころからことばへ ことばからこころへ――日本語と韓国語の世界から――」
講師:野間秀樹
(明治学院大学客員教授)
●会場:福島県青少年会館大研修室
(福島市黒岩字田部屋53-5)電話024-546-8311
参加=無料、対象=中学生以上

●お問合せ:NPO法人ふくかんねっと
960-2261 福島県市町庭坂字荒町59-1 電話070-5329-4892
●主催:NPO法人ふくかんねっと
●後援:福島県・福島県教育委員会・福島市・公益財団法人福島県国際交流協会・福島市国際交流協会


★★早稲田大学エクステンションセンター中野校
9月30日より秋の韓国語,5つの講座が開講します

秋講座は、入門(水曜日19:00-21:00:講師=野間秀樹)、初級1(水曜日16:00-17:30:講師=野間秀樹)、初級2(木曜日18:30-20:00:講師=高槿旭)、中級1(木曜日16:00-17:30:講師=高槿旭)、ボランティア韓国語(火曜日19:00-21:00:講師=金南听)の5講座です。
9月開講秋講座の一般申込が始まりました
初めての方もお気軽にお問い合わせください:
早稲田大学エクステンションセンター中野校 電話=
03-5942-7210
■2015年7月8日(水)から〈感動の韓国語〉3クラス夏講座一挙開講!
【入門クラスは可能な限り急ぎお申し込みください!】
早稲田大学エクステンションセンター中野校

와세다대학 익스텐션센터 나카노: 9월 개강 강좌도 모집이 시작됩니다

早稲田大学エクステンションセンター中野校 電話=03-5942-7210 お気軽にお問い合わせください;
夏講座クラス別の詳細とお申込は下記エクステンションセンターのページへどうぞ:
入門=13:00-15:00
初級Ⅰ=19:00-20:30
初級Ⅱ=16:00-17:30
講師=野間秀樹
(言語学者. 明治学院大学客員教授)
テキスト:入門と初級Ⅰ=『韓国語学習講座 凜RIN 1入門』(野間秀樹・金珍娥著.大修館書店)、初級Ⅱ=『新・至福の朝鮮語』(野間秀樹著.朝日出版社.16課から)
絶対楽しい! 少人数で丁寧、親切! できる! ほんとうに最初から話せる! 続けられる! 知的にして実践的! 感動の連続! 安心してどうぞ!

■2015年7月4日(土) 東京国際ブックフェア TIBF2015
도쿄 국제도서전 2015 강연

日韓修好 50 周年記念イベントで
講演「韓国・朝鮮の知を読む--刻されたことばたち」を行いました
★100名以上の方がお越しくださり、満席となりました.心よりお礼申し上げます!
日本書籍出版協会 
tel. 03-3268-1303, fax 03-3268-1196. research@jbpa.or.jp



■明治学院大学・上智大学の提出レポートの書式ダウンロードはこちらです
[pwが必要です]


■韓国の延世大学校 人文大学100周年記念
国際学術大会で講演を行いました

「人文言語学のために--言語存在論が問う,生きるための言語」

2015年5月22日(金)13:30-17:30
延世大学校文科大学100周年記念ホール(ウィダン館6階)にて
韓国のシン・ヒョンギ(신형기)先生、フランスのロジェ・シャルティエ(Roger Chartier)先生と共に「碩学と共に人文精神を論ず」
どなたでも参加できます

延世大学校人文大学はこちらです

■延世大学校 言語情報研究院でも講演を行いました
「言語存在論から韓国語と韓国語教育を照らす」
2015年
5月23日(土) 午前10:30-12:00
ウェソル館(외솔관)526호
*「ウェソル」は国語学者・崔鉉培(1894-1970)先生の号です
*どなたでもお聞きになれます

■東京・新宿朝日カルチャーセンターの講座 「ハングルから照らす日本語」■

2015年 4月18日(土)と4月25日(土)、全2回 の講座を行いました。 15:30-17:30
ハングルという文字、韓国語=朝鮮語という言語から日本語を照らします
楽しく終了!
講師 明治学院大学客員教授 野間 秀樹
朝日カルチャーセンター/朝日JTB・交流文化塾●新宿教室 [新宿住友ビル4階] * お気軽にお問い合わせください
電話 03-3344-1941 (平日 9:30-19:00, 土 9:30-18:30)
詳しくは
こちらをどうぞ

pdfは こちらをどうぞ

7月8日(水)からの夏の講座(入門,初級Ⅰ,初級Ⅱ)も6月9日から受付が始まります!
2015年4月8日(水)から6月17日(水)まで毎週水曜日、
東京・中野の
早稲田大学エクステンションセンター中野校
全9回の入門と初級の講座を開講中!

入門と初級,2つの講座があります.今後もどんどん拡充の予定です
それぞれについては下記をどうぞ


●「最初から話せる感動の入門韓国語」


●「ますます話せる感動の初級韓国語」

tel. 03-5942-7210 (中野校)
皆さんが本当に楽しいとおっしゃってくださっています
中途回からでもどうぞ
ほんとうにできるようになりますよ!

■外国語教育学会 公開シンポジウムで発表しました■
3月14日(土)、東京学芸大学でした。詳しくはこちらでどうぞ
「外国語教育における学習者のニーズと動機づけ」
2015年3月14日(土) 14:00-17:20 東京学芸大学(S203教室)



武蔵小金井、国分寺から、東京学芸大学のアクセスはこちら


〈第二外国語は何を選べばいいのか?〉ページを新設しました!
大学などでは,いわゆる「外国語」科目で,様々な言語を選択できるようになっています
では,どんな言語を選ぶのか?おすすめは?学びの構えとは?
決めるのは,これを読んでからでも,遅くない!



■多摩美術大学 生涯学習センター 連続講座「世紀を歩く―美術と文化Ⅳ:15世紀」■160名の方々が楽しく共にしてくださいました。ありがとう存じます!
第18回「ハングルの誕生」を担当いたしました
2015年1月31日(土)15時30分-17時

会場=東京都世田谷区中町ふれあいホール
 
「ハングルの誕生」 ―世宗デザインの夢、訓民正音、生きとし生けるものの声、森羅万象のルネサンス、知の革命、生を紡ぐ文字
野間秀樹[言語学者、明治学院大学・国際教養大学客員教授。著書『ハングルの誕生』等で言語の命を見つめる]
多摩美術大学生涯学習センター:042-679-5707 へ



■★早稲田大学エクステンションセンター中野校・全8回の嬉しい講座★

最初から話せる感動の〈入門韓国語〉
--野間秀樹先生から学ぶ〈ことばは楽しい〉 --

2015年 1月13日(火)19:00-21:00 から3月10日まで、
毎週火曜日、全8回!

■2015年4月8日(水曜日)からも
入門と初級の講座を開講します

*お問い合わせ・お申し込みはこちら
早稲田大学エクステンションセンター中野校です TEL:03-5942-7210




■朝日新聞韓国語版に、パピルス賞受賞の記事を桜井泉記者がお書きくださいました。ありがとう存じます!
日本語訳は こちらをどうぞ


■『韓国・朝鮮の知を読む』(野間秀樹編.クオン.2014年2月刊)
11月14日、関記念財団より 第12回パピルス賞
をいただきました!
皆様に心よりお礼申し上げます!

 


2015年1月13日(火)13:00-1500から8回の入門講座
■早稲田大学エクステンションセンター中野校■
〈最初から話せる感動の入門韓国語〉


■『韓国・朝鮮の知を読む』韓国語版が刊行!
韓国の20誌紙以上の新聞,雑誌,メディアで大々的に,熱く取り上げられています
『朝鮮日報』『聯合ニュース』『ハンギョレ21』『京郷新聞』『文化日報』『世界日報』『NEWSis』『NAVER』『フィナンシャル・ニュース』『韓国経済新聞』『アジア経済』『ヘラルド経済』『時事in』『亜州経済』『釜山日報』『畿湖日報』『大田日報』『慶北毎日』『光州日報』などでご紹介いただいています.一部ですが,日本語訳をこちらでまとめてごらんになれます
韓国語版は,こちらでまとめてごらんになれます
*図は『ソウル経済』紙面より部分
2014年10月8日ごろ書店へ出始めました
韓国の出版社,ウィズダム・ハウス[위즈덤하우스] から
『한국의 지를 읽다』 노마 히데키 엮음. 김경원 옮김. 752쪽
값28,000원. ISBN 978-89-6086-731-4 03000
*詳細はfacebook pageで!



■2014年11月9日(日)朝鮮奨学会で講演を行いました■


■2014年11月8日(土)13:00-1500.横浜駅ルミネ8階で講義■
「ハングルから見る日本語の究極の楽しみ」
ハングルや韓国語をご存じなくとも楽しめます
横浜朝日カルチャーセンター [駅の上:ルミネ8階 電話 045-453-1122]


■2014年10月7日(火)
韓国・坡州[パジュ]出版都市のPaju Book Soriで講演■
파주 북소리에서 강연
「知とハングル」
パジュ・ブック・ソリは,ソウル北方,坡州[パジュ]市で行われる,書物をめぐる 複合イベントです.今年は10月3日から12日まで開催されます.북は「ブック」bookですが,韓国語で「太鼓」の意の単語でもあります.소리(ソリ)は韓国語で「声」「音」の意です.*講演は韓国語で行われます
ところ:出版都市アジア出版文化情報センター



■2014年10月7日(火)19時30分-21時
韓国・ソウル,弘益大 大学路アートセンターで講演
홍익대 대학로 아트센터 10층에서 강연

「한글--음의 형태, 지의 신체」(ハングル--音の形態、知の身体)
主催:Sandol コミュニケーションズ、ウィズダムハウス
協賛:Content Korea Lab (韓国コンテンツ振興院)
*講演は韓国語で行われます


■2014年10月8日(水)15:00-17:15
■韓国の釜山大学校で講演■
「知の原理論としてのハングル」
釜山大学校仁徳館大会議室
主催:釜山大学校人文学研究所
TEL 051.510.1358


〈韓国語を学ぶ noma hideki〉facebook page
〈心に染み入る一節いっせつ〉シリーズを展開中です!


■8月3日(日曜日)の東京新聞朝刊,および8月1日(金曜日)の中日新聞夕刊に、

野間秀樹インタビュー記事が掲載されました.
五味洋治編集委員がご執筆くださいました


■「日本経済新聞」で『韓国語をいかに学ぶか』をご紹介くださいました!

2014年7月27日,書評新書欄.心よりお願い申し上げます!
「韓国語学習の入門書という体裁だが,

著者の筆はもっと奥深く,
人間にとって言語とは何かという
普遍的な問いにまで到達している


日経新聞電子版はこちらです(ご登録が必要です)

●お知らせ
池澤夏樹先生が『日本語とハングル』(野間秀樹著.文春新書)の書評を『毎日新聞』にご執筆くださいました!
2014年6月8日(日曜日)書評欄.心よりお礼申し上げます!
「言葉使い生き生き 得心いく言語論」

「日本語についての、言語一般についての、
この無類におもしろい本


2014年7月12日(土曜日)より東京中野の早稲田大学エクステンションセンター中野校で全4回の講座
を開きました.15:00-17:00


『韓国語をいかに学ぶか--日本語話者のために』(野間秀樹著.平凡社新書)が
2014年6月13日に刊行されました!
韓国語を学びたい方も、韓国語なんか学びたくないと思っている方も!

詳しくはこちら web page をどうぞ

pdfで詳細をどうぞ
★本書などを核にした4回の連続講座★
→ 7月12日(土)から早稲田大学エクステンションセンター東京の中野校で開きました

■2014年6月18日(土曜日)15:00-17:00
東京小平市の朝鮮大学校で講演を行いました

ハングル、開かれた世界へ :エクリチュールの奇跡
講師:野間秀樹(国際教養大学客員教授)
朝鮮大学校記念館講堂4階 〒187-8560 東京都小平市小川町1-700
188名の方がご参加くださいました! ありがとう存じます!
朝鮮大学校朝鮮問題研究センター


■金三龍(キム・サムニョン)先生が『望星』(東海教育研究所発行,東海大学出版部発売)2014年5月号に『韓国・朝鮮の知を読む』の書評をお書きくださいました.〈百四十人が伝える「隣国の知」〉!


■2014年4月19日,『日本語とハングル』(野間秀樹著,文春新書)が刊行されました→11月8日横浜での講演へどうぞ

■2014年6月13日,『韓国語をいかに学ぶか--日本語話者のために』(野間秀樹著,平凡社新書)が刊行されました

■2014年2月20日,『韓国・朝鮮の知を読む』(野間秀樹編,クオン)が刊行されました
韓国語版も2014年10月2日に刊行されました!
『한국의 지를 읽다』 위즈덤하우스


『韓国・朝鮮の〈知〉を読む』●野間秀樹 編
●四六判.600頁超.CUON(クオン)刊
●日本と韓国の知識人120名超が執筆
●韓国・朝鮮の〈知〉に関わる本から、日本語圏と韓国語圏の知性120人が
それぞれ1冊~5冊を推挙、思いを綴ります。
日韓の120名超の知識人が1冊の書物を共にするのは、もちろん歴史始まって以来のことです
★佐々木中先生が『芸術新潮』に書評を!→詳しくはこちらを★

● 刊行前より大きな共感の火が。
『朝鮮日報』『中央日報』『ハンギョレ新聞』などで大きく扱われています→新聞を見る

日本語訳はこちらです→日本語訳


■2014年12月18日,〈韓国語を学ぶ noma hideki facebook page〉は
2800人以上の方々が共にしてくださっています
心よりお礼申し上げます


●名古屋市 東天紅名古屋店で講演 2013年3月31日6時
90名の方がご参加下さいました.ありがとう存じます


「ハングル:〈知〉の革命」---●講師 野間秀樹
●EAC設立5周年 マルマダン名駅校開校記念企画
”ことば”と”心”で半島と列島をつなぐ
●とき:2013年3月31日(日)午後6時
講演と食事のあとに遠山洋子さんのディナーショーもありました
●場所:東天紅名古屋店
名古屋市中村区那古野1-47-1 名古屋国際センタービル25F
地下鉄桜通線 国際センター駅上
●会費:一般7,000円.マルマダン受講生5,000円
●申込先:マルマダン tel. 052-710-7382. info@eac-hg.jp
マルマダンのサイトはこちらです:
http://www.eac-hg.jp/malmadang.html

●『韓国語教育論講座』第2巻刊行!

◆『韓国語教育論講座』第2巻 野間秀樹編◆
全4巻.現在1,2,4巻が既刊
A5判.851頁.くろしお出版.本体5,800円

ISBN 978-4-87424-566-8
文法論.談話論.言語行動論.表現論.社会言語学.民族語教育論
〈ことば〉を考え,〈ことば〉を見つめる全く新しいアプローチ
日本と韓国そして朝鮮大学校の第一線の研究者17名が集う情熱の執筆陣!
全23の論考.項目に応じてそれぞれ15頁から140頁までの充実した圧倒する内容
文法や談話を考える基礎から最前線の研究までを一望のもとに
韓国語学のみならず,日本語学を始め,言語に関わる全ての人々の必須の書物
各論考に詳細を極める参考文献リストつき
延べ1万超アイテム,何でも引ける驚愕の索引群3種:人名索引,文法形態索引,事項索引を搭載
英独仏露語の術語索引だけでも9頁.言語を考える人々の便利すぎる保存版
●facebookで中味と詳細を見る

◆2012年周時経 (チュ・シギョン) 学術賞をいただきました◆
韓国のハングル学会●10月9日ハングルの日


●皆さまに心よりお礼申し上げます


●『韓国語学習講座 凜 RIN 1 入門』刊行!

◆『韓国語学習講座 凜 RIN シリーズ全5巻』野間秀樹編◆
〈第1巻 入門〉は野間秀樹・金珍娥共著
A5判.262頁.2色刷.CDつき.2,940円
諸橋 轍次先生の『大漢和辞典』や『ジーニアス英和辞典』の大修館書店より刊行
ISBN 978-4469142440
*左の図はイメージです

●amazon

●facebookで装丁や索引など内容紹介を詳しく見る
●facebookで導入部分の内容紹介を詳しく見る


●大阪韓国文化院で講演 2012年10月13日(土)14時

◆10月9日ハングルの日◆特別記念講演会
「ハングルの誕生―<知>の革命―」講師:野間秀樹
2012年10月13日(土曜日) 午後2時-4時
駐大阪韓国文化院ヌリホール
申込が必要です:先着順100名
【お問い合わせ先】駐大阪韓国文化院世宗学堂
〒530-0016 大阪市北区中崎2-4-2 4F
Email: kankokugo8772@gmail.com
TEL: 06-6292-8772

●詳細はこちらです

●『韓国語ジャーナル』42号(アルク)
特集「推薦図書50」に執筆しています
2012年9月14日発売


●兵庫県川西市で講演 2012年7月21日

●朝日カルチャーセンター・朝日JTB交流文化塾,川西教室
『ハングルの誕生:〈知〉の革命』
2012年7月21日(土曜日) 午後2時30分-4時30分
川西市アステホール
申込が必要です:140名ほどの方で満席となりました

●詳細はこちらです.ありがとう存じました

★6月24日(日)新潟市万代市民会館で講演★
●『民団新聞』記事 2012年6月27日
韓国語版の記事:日本語版は下記


講演会「ハングルの誕生--〈知〉の革命」
2012年6月24日(日)14:00-16:00,開場13:30
新潟市万代(ばんだい)市民会館
■新潟市万代市民会館の場所などはこちら■■〈韓国語を学ぶ facebookpage〉で見る■
先着 280名
お問い合わせ:025-255-5555, niigata@mofat.go.kr 駐新潟大韓民国総領事館

●延世大学校で講演 2012年5月30日

●延世大学校人文学研究院 HK文字研究事業団 主催
第7回 海外学者招請講演 『ハングルの誕生:〈知〉の革命』
2012年5月30日(水曜日) 午後5時-7時
延世大学校 ウェソル館(외솔관)(人文大学) 526号
どなたでもご参加いただけます

●詳細はこちらです


DVDブック『ドラマティック・ハングル--君,風の中に』刊行! 野間秀樹監修,金珍娥著
朝日出版社.A5判.311ページ.2色刷.DVDドラマで学ぶ韓国語.ISBN978-4255006390
ここで中味を詳しくご覧になれます|写真を次々にクリックしてください
■amazonで見る

●東京外国語大学本郷サテライト講演 2012年3月10日

東京外国語大学同窓会〈東京外語会〉主催
文化講演会〈ハングルの誕生--知の革命〉

2012年3月10日土曜日午後2時-4時
東京外国語大学本郷サテライト4階

●満席となり,お越しいただけないかたもありました.恐縮に存じます
問合せ先:東京外語会事務局 Tel:03-3815-5877



『イオ 이어』2012年5月号に『訓民正音』について執筆しました
朝鮮新報社刊です.東京都文京区白山のコリアブックセンターで入手できます


【藤本幸夫教授退休記念シンポジウム】-「朝鮮文化研究の成果と可能性」-
2012年年2月25日(土) 13:00-18:00
廣池学園 廣池千九郎記念講堂2階大会議室

●100名ほどの方がお越しくださいました
問合せ先:麗澤大学プラザ事務課研究センター事務室
【電話】04-7173-3761【FAX】04-7173-3767【メール】RR-Center@reitaku-u.ac.jp




●宝塚市・宝塚市国際交流協会・宝塚市外国人市民文化協会主催
講演会「ハングルの誕生--〈知〉の革命」
2012年2月28日(火)午後2時-4時,1時半開場
宝塚市立文化施設ベガ・ホール
■ベガ・ホールの場所など案内はこちら■
380名のホールがいっぱいになりました.ありがとうぞんじました
お問い合わせ:0797-76-5917 宝塚市国際交流協会
■宝塚講演についての記事:キム・ギルホ先生執筆です■
「平日にもかかわらず,380名の客席がびっしりと埋まった」

■宝塚講演についてのレビュー:中村晶子さん執筆です■
「凄い講演だった.…ハングル創製という激流を小舟に乗って先生と旅している気さえした。」

●詳細な情報はこちらです>


인하대학교(仁荷大学校) 招聘講演会
第3回 海外碩学講演
한글의 탄생--<지(知)>의 혁명
2012年 2月 6日(月) 15:00-17:30, 5남 136号



●『ハングルの誕生』韓国語版が
韓国の東亜日報(동아일보) <2011 今年の本>に選定されました
ありがとう存じます



●『ハングルの誕生』韓国語版が
韓国の教保文庫( 교보문고) <2011 今年の本>に選定されました
ありがとう存じます



●『ハングルの誕生』韓国語版が
韓国の朝鮮日報(조선일보) <2011 今年の本>に
選定されました
ありがとう存じます


▲教保文庫,光化門店の『ハングルの誕生』売場です.2012年2月,同店では3箇所で展開されています
白い表紙,緑の帯が『ハングルの誕生』韓国語版です

●韓国の国立国語院が配信するニューズ・レター 『쉼표, 마침표.』 (『読点,句点。』)
2011年11月23日号で『ハングルの誕生』をご紹介いただきました
「特別な出会い」のページ,「ハングルの誕生は知の革命である」のタイトルです
ありがとう存じます


●『ハングルの誕生』韓国語版が刊行されました
김진아(金珍娥)・김기연(金奇延)・박수진(朴守珍) 共訳
図書出版 <トルベゲ 돌베개>
2011年10月09日刊行 | 448頁 | A5判 | ISBN-10 : 8971994444 | ISBN-13 : 9788971994443
10月9日初刷,10月20日2刷が刊行されました.近々5刷が刊行されます

ご助力・ご声援をいただいた方々に心よりお礼申し上げます.

■トルベゲのサイトで目次や内容紹介をごらんいただけます(韓国語)
■教保文庫のサイトで目次や内容紹介,推薦辞をごらんいただけます(韓国語)
教保文庫では刊行にあたって講演を行いました

■トルベゲ制作の『ハングルの誕生』韓国語版プロモーションビデオ:YouTube(韓国語)



■トルベゲ出版社編集部のチェ・ヘリさんが朗読する『ハングルの誕生』序文〈책머리에〉です(韓国語)


岡山大学教授 辻星児先生(言語学)が『ハングルの誕生』について
朝鮮学会の学会誌『朝鮮学報』に書評をお書きくださいました
『朝鮮学報』第219輯.pp.201-207. 2011年4月


★ 韓国の多くの新聞などで書評をいただいています★
ありがとう存じます

韓国のSBSテレビ『ハングルの誕生』に関するニュース●2011年10月8日放送
インターネットでも見られます
장선이記者が取材してくださいました




韓国のYTNテレビ『ハングルの誕生』韓国語版に関するニュース ●2011年10月8日放送
インターネットでも見られます
이승은記者が取材してくださいました



■東亜日報『ハングルの誕生』韓国語版書評記事(韓国語)201.10.06


■東亜日報『ハングルの誕生』韓国語版 紹介記事 2011.10.04(韓国語)


■韓国日報『ハングルの誕生』韓国語版書評記事(韓国語)2011.10.07


■ハンギョレ(한겨레)新聞『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■国民日報『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■ソウル新聞『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■文化日報『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■聯合ニュース『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■ヘラルド経済『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■韓国経済『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07



■中央日報『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.08


■光州日報『ハングルの誕生』韓国語版書評(韓国語)2011.10.07


■京郷新聞『ハングルの誕生』韓国語版紹介(韓国語)2011.10.07


"東洋経済日報"『ハングルの誕生』韓国版についての記事
2011年10月7日
インターネットでもお読みになれます(日本語)


●2011年7月9日土曜日午後1時10分より
社団法人 世界韓人貿易協会大阪支会主催
次世代貿易スクールで
大阪において講演
〈知的革命としてのハングルの誕生〉
を行いました



▲次世代貿易スクールのページです
▲申し込みはこちらから:終了しました


●2011年6月11日土曜日午後2時より
第4回エスペラントの日記念公開講演会で
講演「ハングル:〈文字〉という奇跡」を行いました



日本エスペラント学会のサイトでは左側「行事案内2011年」から辿れます

韓国のYTNニュースで『ハングルの誕生』に関するニュースが放送されています
上智大学の講義の様子なども見られます
朴思柔(박사유 Park Sayu)記者が取材してくださいました

Apple の Quick Time 形式 mov 動画で見る
WiFi環境のiPhoneもどうぞこちらで

5月12日(木)12:30, 21:30, 5月13日2:25の”Global Korean”を中心に
放映され,その後,インターネットでも視聴が可能となりました
WiFi環境のiPhoneなどでは,YTN(無料)をダウンロードし,視聴できます

2011年6月4日土曜日,13:00-15:00,横浜で講義
「ハングルの誕生:奇跡の〈文字〉・〈文字〉という奇跡」を行いました
74名の方々がお越しくださいました.ありがとう存じます
朝日カルチャーセンター 朝日JTB・交流文化塾,横浜駅ルミネ8階でした


●2011年6月5日,日曜日,第1回駐日韓国文化院 世宗学堂 韓国語教師週末研修で
講義〈これからのコミュニケーション教育--話すこと・聞くこと〉を行いました


写真は韓国文化院のサイトからお借りしました

日本エスペラント学会
『エスペラント』”La Revuo Orienta”の
2011年4月号ー6月号に「韓国語を楽しく学ぶために」を連載しています



2011年4月25日,韓国ソウル,国立国語院,院内討論会において講演を行いました
「〈ハングルの誕生〉から」(原題は韓国語)というタイトルです




●『朝鮮新報』2011年2月18日号に
『ハングルの誕生』インタビュー記事が掲載されています:pdf

WEB版はこちらです


●『中央公論』(中央公論新社)2011年3月号発表の新書大賞2011で『ハングルの誕生』がベスト第14位にランクされました
書店員,書評家,各社新書編集部編集長,新聞記者,計70名の方々が,昨年刊行の1500点以上の新書から選定してくださるものです.ありがとう存じます!


●上智大学公開学習センターで2011年4月よりコリア語入門講座 を担当しています
一般の全くの初心者の方々を対象とした,入門講座です
詳しくはこの頁の下段の該当記事をごらんください


●『週刊読書人』2011年1月7日号に『ハングルの誕生』について「〈文字〉という奇跡」を執筆しています

●『月刊百科』(平凡社)2011年1月号,vol.579に「嬉しい韓国語」を執筆しています

●韓国の大統領直属〈国家ブランド委員会〉のサイト〈Koreabrand.net〉に「ハングルは知的革命」を執筆しています(韓国語)
●2011年1月21日,日本語版もUPされました
2010年12月18日の東京大学情報学環福武ホールにおける駐日韓国教育院主催の特別講義
12月4日の駐日韓国文化院・世宗学堂の講義
10月20日の韓国文化院・韓国国際交流財団(Korea Foundation)の講演
9月24日の日韓文化交流基金の講演には
多くのかたにおいでいただき,ありがとう存じました
詳細は下記をごらんください

目次

主要研究論文および著作 11 May 2010
主要論文 英文要旨 (English)
05 Feb 2010
野間秀樹●著作目録 2014年7月: pdf


●『ハングルの誕生』が第22回アジア・太平洋賞大賞をいただきました
恐縮に存じます.皆さまに心よりお礼申し上げます.2011年1月25日,6刷ができました


2010年11月14日毎日新聞朝刊でご紹介いただきました.東京大学教授・副学長・田中明彦先生の評および記事はこちらです

2010年10月4日毎日新聞朝刊一面の社告で発表されました
11月15日の毎日新聞社での授賞式には多くの方々がおいでくださいました.ありがとう存じます
11月20日には大学で教鞭を執っておられる14名の教え子の皆さんが発起人となり,
東京新宿の京王プラザホテルで祝賀会を開いてくださいました
50名の先生方,関係者の方々が,ソウルを始め遠くからもお越しくださいました
感激です.心よりお礼申し上げます

アジア調査会刊『アジア時報』2010年11月号と12月号にアジア・太平洋賞の大賞受賞関連記事が掲載されています

2010年10月28日 東亜日報インタビュー記事●Corean 동아일보 한국어판

2010年10月28日 東亜日報インタビュー記事●Corean 동아일보 한국어판 pdf

2010年10月12日 韓国 YTN 聯合ニュース放送●Corean

韓国 KBSテレビ 2010年12月28日、『ハングルの誕生』についてのニュースが放送されました


●西谷修先生が『ハングルの誕生』の書評をお書きくださいました
〈西谷修 Global Studeies Laboratory〉 はこちらです
「どんな分断も対立も超えて行き交える知の営みによる、東アジアの相互理解への掛け値なしの貢献」



●関智英先生が『週刊読書人』2010年12月24日号
2010年度回顧〈東洋史〉の欄で
『ハングルの誕生』をとりあげてくださいました

●中村春作先生が『続・訓読論』(勉誠出版)pp.8-11において
『ハングルの誕生』を引用,言及してくださいました

駐日韓国教育院主催
● 特別講義:ハングル--〈知〉の革命●
2010年12月18日(土),10:00-11:10 200名のかたがご来場くださいました.ありがとう存じました
東京大学本郷キャンパス 情報学環・福武ホール

地下鉄都営大江戸線・東京メトロ丸ノ内線「本郷三丁目」下車徒歩8分,東京メトロ南北線「東大前」下車徒歩10分
会場の場所は
こちらです
講師:野間秀樹
韓国語を教えておられる方々,韓国語教育に関心のある方々ならどなたでもおいでいただけます
韓国語研修会の一環としての講義ですが,本講義自体は,韓国語をご存じなくとも構いません
本講義は日本語で行います.無料ですが,事前の shin103@sen.go.kr あて,
もしくはFAX 03-6435-1419 からのお申し込みが必要です
お名前,ご所属,連絡先e-mailとお電話をお知らせください
先着順,定員180名で締め切ります→終了しました.立ち見のかたが出るほどの盛況でした
ありがとう存じました
お問い合わせ:03-6435-1418 東京韓国教育院
106-0047 東京都港区南麻布 1-7-32 韓国中央会館 別館 7階
韓国語のWEB案内は 
こちら東京韓国教育院です 駐日韓国大使館 韓国文化院,韓国国際交流財団 主催
駐日韓国文化院 世宗学堂 共催
● 〈ハングルの日〉記念講演会●
한글날 기념 강연회
ハングルの世界
奇跡の〈文字〉そして〈知〉の革命

2010年10月20日,19:00- (会場 18:30-)
駐日韓国大使館 韓国文化院ハンマダンホール
(地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目」駅1番出口より徒歩2分)
講師:野間秀樹
無料ですが,事前の>
WEBからのお申し込みが必要です
定員250名で締め切ります→9月25日で満員となりました
お問い合わせ:03-3357-5970 韓国文化院
160-0004 東京都新宿区四谷4-4-10 駐日韓国大使館 韓国文化院

250名ほどの方にご来場いただきました.ありがとう存じました

小栗章氏が司会を務めてくださいました
案内pdfはこちらです
韓国文化院WEBはこちらです
韓国国際交流財団(Korea Foundation)はこちらです
韓国文化院の地図と交通案内はこちらです
また,2010年12月4日には世宗学堂で講義を行いました
韓国語での講義でした

● 日韓文化交流基金 ● 講演会
〈ハングルの誕生--音
(おん)から文字を創る〉
2010年9月24日,18:30-20:00
(財)日韓文化交流基金会議室,東京都港区虎ノ門5-12-1 虎ノ門ワイコービル3F
無料ですが,申し訳ございません.8月末で事前申し込みが定員に達し,締め切っております.→終了いたしました
03-5472-4326,lecture@jkcf.or.jp (@は半角の@に直してください)
案内pdfはこちらです
日韓文化交流基金はこちらです
日韓文化交流基金の地図と交通案内はこちらです


2010年5月15日,平凡社新書
『ハングルの誕生--音
(おん)から文字を創る』
が刊行されました.
5月15日は韓国ではちょうど<師の日>です.
教えを頂戴した先生方に心からの感謝を込めて,本書を捧げたいと思います.

2011年1月25日,6刷から新しい帯(右)ができました.左は1刷からの帯です

<
平凡社の紹介ブログサイトへ●目次と前書きの一部が読めます

▼お薦め、書評、励ましに心よりお礼申し上げます▼

amazon,丸善,紀伊國屋書店Book WEB,楽天ブックス, boople,
本やタウン,セブン&アイ,bk1,TSUTAYA,livedoor BOOKSなどのnet書店では
1-4週間にわたる一時的な品切,入荷待ちが繰り返されております.申し訳ございません
6刷ができあがりました.それぞれの書店が〈在庫あり〉に回復しつつあります
JUNKUDOのnet書店では引き続き〈在庫あり〉となっています


●2010年9月24日の 〈毎日新聞〉朝刊第一面 〈余録〉欄でご紹介いただきました

●日本図書館協会選定図書に選定されました:『週刊読書人』8月27日号

●2010年8月15日の 〈民団新聞〉8・15特集でご紹介いただきました
「〈知〉の世界を拡げる『訓民正音』」A4 1頁縮小版
pdf A4 2頁版はこちらです:本サイトへの掲載は民団新聞社のご了解を得ています
WEB版はこちらです


●2010年7月25日の 〈朝日新聞〉 朝刊,読書欄でご紹介いただきました
「著者と共に,新たな文字と文章(テキスト)が生まれる革命に立ち会うような経験ができる」
WEB版はこちらです
●2010年7月18日の〈日本経済新聞〉に川村湊先生が書評をお書きくださいました.
本当にありがとう存じます
「野間先生のこの本は,単なるハングルの概説書,入門書ではない.
言葉と文字に関する該博で,深遠な思考がエクリチュール(文章として表現)されているのだ」
●2010年6月27日の〈毎日新聞〉朝刊に養老孟司先生が書評をお書きくださいました.
本当にありがとう存じます.
「ところが著者につられて読んでいくと,大変な勉強をしてしまうことになった」
「ハングルの誕生だけではなく,読者はむしろ文字の誕生に思いを寄せることになる」
「もうちょっと若いときに読めばよかったなあ」「若い人,とくに大学生には読んで欲しい書物である」
>
WEB版はこちらです
2010年7月4日の 〈北海道新聞〉 読書欄 〈新刊と文庫〉でご紹介いただきました
「コンピューター化による書法の変容などの幅広いテーマにも触れつつ、文字創製の意義とドラマをつづる」
>
WEB版:左側の〈書評はこちら〉の〈バックナンバー〉から2010年7月4日の書評を選択,右下の〈新刊と文庫〉アイコンを 2010年6月20日の 〈読売新聞〉朝刊, 読書欄 〈本 よみうり堂〉でご紹介いただきました
「その誕生のドラマとそこに込められた意味を言語学的な視野から読み解く」
5月25日,凄い書評をいただきました."WS30の世界"さんのサイトへ.ありがとう存じます
「過去10年間に読んだ本の中でも、5本の指に入るか、それ以上の面白さです。この感触を、誰かに伝えたくてたまりません」

>
>三省堂書店公式ブログ「新書ガールズ」のサイトへ 刊行されるやいなや,お薦めをいただきました
「「音が文字になる」奇跡の瞬間を、ぜひお読み下さい!」


ハングルという文字から普遍を問う

〈月刊百科〉2010年7月号.平凡社●pdfで読む
>
一般の初学者の方を対象にした上智大学公開講座,コリア語入門を
2010年10月ー2011年1月までの1クラスのみ担当しました
2011年度春期4月からのコリア語入門講座を担当します
社会人,学生,どなたでも参加できます
詳細は上智大学公開学習センター 03-3238-3551 にお問い合わせください
これまでの経験では,受講予約開始当日,文字通りあっという間に定員に達します
予約は先着順です.定員に達すると受講できません.聴講や見学なども認められておりません
予約するためには,事前にホームページ,電話,FAXのいずれかで登録番号の取得が必要です
登録番号の取得だけでは予約にはなりません.詳しくは上記にお問い合わせください
→2010年度は既に終了しました
2011年度春期の講座にお申し込みください
21 Feb 2011

●以下はarchiveです●

●東京外国語大学大学院
対照言文情報講座の終焉にあたって
25 Feb 2010

archive: 前 野間研究室 大学院生とゼミ学生のページ 26 Dec 2009

archive: なぜ今,東京外国語大学か? ――archive: 大学と専攻を選ぶためのQ&A  

archive: 東京外国語大学 朝鮮語専攻 専任教官 2002

archive: 大学で朝鮮語を学び始める諸君へ
archive: コンピュータでハングルを使いたいQ&A:改訂新版

archive: 韓国歌謡,何を聴くべきか?:歌を学び歌に学ぶ朝鮮語
archive: ハングルをローマ字でどのように表記するか
学生たちからのメッセージ

archive: 朝鮮語学ゼミ紹介
西ヶ原小唄

●以下はarchiveです●

東京外国語大学の担当講義 2009 21 April 2009
東京外国語大学の担当講義 2006 12 July 2006

上智大学における 担当講義21 April 2009

東京大学における 担当講義 01 April 2002

九州大学における担当講義 08 April 2001

上智大学コミュニティ・カレッジ公開講座における 担当講義:春期 13 April 2002
archive: 東京外国語大学 朝鮮語初級 公開講座のお知らせ10 July


archive: 大学院 博士前期課程 朝鮮語専攻 入学試験問題より

archive: 日朝対照研究(韓日対照研究)を志す諸君へ

爽やか! 東京外国語大学 
archive: 府中キャンパスで2000年10月より授業を行っています!

archive: 外語大風景 01 Jan 2001

外語祭2000写真帖 30 December
 

洪信子『自由へのスパイラル・ダンス』
(フィルム・アート社刊)で写真を見ることができます

1999/04/07,ご訪問者数5000人,1999/09/13,10000人,
2000/06/20,20000人,2001/03/18,30000人.2002/01/18,40000人
2010/01, 96000人, 2010/02, 97000人,2010/04/26, 98000人,2010/05/31, 99000人,2010/07/10,100000人
2010/08/16,101000人,2010/09/25, 102000人,2010/11/06,103000人, 2011/02/06, 105000人,2012/05/12,114000人

-----------------------------------------------

Hideki NOMA 野間 秀樹
明治学院大学 客員教授
Visiting Professor
Meijigakuin University
(東京外国語大学大学院教授、国際教養大学客員教授を経て現職)
Former Professor of Korean Linguistics

Tokyo University of Foreign Studies,
Former Visiting Professor
Akita International University


E-mail: hnoma の後ろに@gen.meijigakuin.ac.jp

http://www.aurora.dti.ne.jp/~noma/
mirror site:
www.noma.tokyo

archive:
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/nomahideki/index.shtml
-----------------------------------------------