http://www.aurora.dti.ne.jp/~mutsumi/edu/2017/criminal_procedure_yamada.html
2017-04-02公開,2017-09-16最終更新

2017年度「刑事訴訟法 II」<法曹コース以外・山田先生引継ぎ>(講義,3年以上,2単位)秋学期・水曜3限

  1. シラバス
  2. 授業内容一覧

追加の連絡事項など

授業内容

刑事訴訟法II(秋学期)


刑事訴訟法 II シラバス (授業計画)

<参照> Oh-o!Meiji System

授業の概要・到達目標

 この授業は,山田道郎教授による「刑事訴訟法I」の続きを取り扱う。

【授業の概要】

 刑事訴訟法の目的は,真実を発見してこれに刑法等の刑罰法規を適正・迅速に適用すること,およびその目標を達成するための条件として基本的人権の保障を確保することにある。刑事訴訟法は,憲法31条以下の規定の具体化であり,「憲法各論」である。刑事訴訟法学の任務は,犯人の処罰の要求と人権擁護の確保との合理的な調整にある。この観点から刑事訴訟法を見ると,まったく新たな展望が開けてくる。このような刑事訴訟法学のおもしろさを諸君にも味わってもらいたい。
 刑事訴訟法IIでは,捜査終了後の公訴提起,公判準備および公判手続について講義する。

【到達目標】

 この科目を習得することにより,法曹分野に進む者にとっては刑事訴訟法に関する基礎的な知識が得られるほか,それ以外の者にとっても,社会の注目をひく重大事件を理解したり,自分が刑事事件に巻き込まれた場合にそれに適切に対応したりする助けになるとともに,将来裁判員に選任された場合に任務を遂行するための力を与えてくれるであろう。

授業内容

第1回:公訴提起の諸原則(1)起訴便宜主義
第2回:公訴提起の諸原則(2)起訴状一本主義,訴因の特定
第3回:訴因の変更
第4回:訴訟条件,合意制度
第5回:公判の諸原則
第6回:公判の手続(裁判員制度,被害者参加制度を含む)
第7回:公判の準備(公判前整理手続,証拠開示)
第8回:証拠裁判主義,自由心証主義
第9回:証拠能力と証明力,違法収集証拠排除法則
第10回:自白法則
第11回:伝聞法則(1)
第12回:伝聞法則(2)
第13回:裁判,上訴,再審
第14回:まとめ
*授業内容は必要に応じて変更することがあります。

履修上の注意

 本授業は,主に法曹コース以外の学生向けに開講されます。
 本科目を履修するにあたって,「憲法(人権)」,「刑法(総論)」,「刑法(各論)」,「刑事訴訟法I」を単位修得済であることが望まれます。

準備学習(予習・復習等)の内容

 本科目の2単位を修得するためには,他の授業と同様に,授業にすべて出席する(30時間相当)ほか,標準60時間の学修(予習・復習等)が必要になります。
 各自の教科書の該当箇所を必ず一読したうえで授業に臨んでください。

教科書

 山田道郎教授による「刑事訴訟法I」の履修時に使用していた教科書。
 Oh-o!Meijiシステムで事前にレジュメを配布し,それに従って授業を進行します。

参考書

 最新の六法。
 山田道郎教授による「刑事訴訟法I」の履修時に使用していた参考書。
 その他は,初回授業で市販されている主な参考書の一覧表を配布してそれぞれの特徴を説明しますので,自分に合ったものを選んで下さい。

成績評価の方法

 授業中に実施する小テスト(正誤判定問題,約30%)と期末定期試験(説明・論述問題,約70%)とを総合して判定します。
 なお,「刑事訴訟法I・II(法曹コース用)」での成績評価と不公平にならないよう成績評価します。

その他

*講義科目において履修希望者が300名以上の場合は抽選を行う。


http://www.aurora.dti.ne.jp/~mutsumi/edu/2017/criminal_procedure_yamada.html
Copyright (C) 2017, Mutsumi KUROSAWA, All rights reserved. mutsumi@aurora.dti.ne.jp