ハイパーオリンピック

速い連射とボタンを押すタイミングを競う、陸上競技のゲーム

1983年にゲームセンターに登場後、ファミコンなどにも移植され

その後もいろんな機種に同様のソフトが作られました

ここで取り上げているのは元となった業務用版


100m走はスタートが重要、ピストルの音が鳴ったと同時くらいのスタートが切れれば

いい感じです、あとは、とにかく連射、速い人だと7秒台の記録が狙えますが普通は8秒台でしょう

鉄定規を使った連射方法が有名ですが、私はこの前、電動ドリルのドライバーの軸に

100円ショップで買ってきたベルトを切ったものを4つ、セロテープで付けて、回転させ

ベルトが当たる所でボタンを押したら速いんじゃないか?と思って試してみましたが

電動ドリルの作動音がやたらうるさいだけで、100m走でもせいぜい

9秒を切るくらいのタイムしか出せず、大した効果はありませんでした

 

幅跳びでは、よく飛んだ時はラインピッタシに飛んだのに、着地するまでの

スクロールの時にライン上の足跡が右にずれて、着地した時にファールになるという

納得できない現象、その逆に白線から飛び出してるのにファールにならないことが

ごく稀にあり、それがよく飛べた時に起こるとズバ抜けた記録が出ます

連射でのパワーは普通1450〜1550くらいなんですが、スゴく連射の調子が良いと

逆に数字が下がる現象が起き、ナゼか決まって1300と表示されます、が

この時は実際には、1600くらいのパワーが出ていて、かなり飛距離が出る時です

この、白線を飛び出したのにファールにならなかったのと、1300のパワー表示が

重なった時にズバ抜けます、この幅跳びに対しては不満があり、次の槍投げと

操作が一緒で内容がかぶっちゃってる所です、着地する瞬間にジャンプボタンを

タイミング良く押せば、もうヒト伸びするとか、ジャンプ中に足を動かしたりさせて

その足の動きに合わせてジャンプボタンを押していくと、もっと飛距離が出るような

工夫が欲しかった・・・10m飛ぶのはどうやら無理っぽい

 

槍投げでは画面真上の方に向けて飛ばすと、UFOを落としてボーナスが入るんですが

線を越えてから投げた場合にはUFOに当たりません、これって、ファールに

なるんだから、どうせだったら線を越えてから投げた場合に限り上のUFOに

当たるように作ってもらいたかったです、それだったら、マジでやってて

線を越えちゃった時、その瞬間からUFO落としに切り替えれるのに・・

 

ハードルはこれ、ほとんどランナーはジャンプしてるだけみたいになってます

ハードルとハードルの間でわずかに一瞬、着地するだけです

このハードルも、もうちょっと作りこんで欲しかったな〜

この場合だったら、ジャンプする幅をもっと縮めれば良かったとか思います

あとジャンプボタンを押してる時間が短いほど、低空ジャンプになったり

実際のハードルって見た目にも実に過酷な走りっぷりをしてますが

あれをゲームにもっと生かして作ってもらいたかったです

 

ハンマー投げは、7回目のタイミングで投げるのが、高確率でクリアする方法だと

思います、記録出しとなると話しは変わり、物凄く高速回転する所で投げなきゃ

イケナイので完全に運の世界になります、1500に近いタイミングで投げた時

球がライン際に飛ぶと、良い記録になる時です、よく左右に外れてファールに

なった時に限って、すごく飛ぶんですが、それは、真ん中より端っこに飛んだ時

のほうが距離が出る事の表れで、1500ジャストで投げても真ん中だと大した記録に

なりません、ライン際に投げれた時も、ほとんどが切れてファールになるんですが

ごくたまに切れない程度に端っこに飛ぶ事があり、その時がズバ抜ける時です

 

高跳びは上手い人だと、よく2m50cm以上を飛びます、私は、やり方が解らないので

いつも2m40cmちょっとしか飛べません、なにかあるのでしょう・・それはイイんですが

2周目も3週目も必ず2m15から飛ばなきゃイケナイのがちょっとウザイです

やり方としては、できるだけ棒の直前で垂直に飛び、その後、一気に角度を倒します

 

高跳びが終わると、また100m走に戻り2周目になります

これは、もうスポーツだ!


MARP種目別リプレイ


MAMEだと、ハイパーオリンピックは4タイトルとなってます

普通のハイパーオリンピック(hyprolym)

ハイパーオリンピックの海賊版(hyprolyb)

海外タイトルのトラック&フィールド(trackfld)

トラック&フィールド・センチュリー社ライセンス版(trackflc)


MARPでは、1周目の得点で競うルールでやっていますが、ここでは

それを種目別にして、見どころのあるリプレイをピックアップしてみました

ファイル名にあるアルファベットが種目を意味しています

run=100m走

lj=幅跳び(ロングジャンプ)

yn=槍投げ

hd=ハードル

hn=ハンマー投げ

hj=高跳び(ハイジャンプ)


ファイル名の意味は左から、yr.これは整理用のため意味ありません

解凍して、inpにすれば消えます、次がROMバージョン、次がスコア

次は目立った種目別記録、次はプレイヤーのログイン名

最後が記録したMAMEバージョンで基本的には、そのバージョンで

再生したほうが正常に再生されやすくなります、でもそのバージョン

でなくても数字が近いバージョンなら正常再生されることが多いです

100m走・7秒70

幅跳び・9m72

100m走・7秒77、ハードル9秒89

ハードル・9秒72

ハンマー投げ・99m42

ハンマー投げ・99m50

槍投げ・98m49、高跳び・2m52

100m走・7秒10、ハードル・9秒02、高跳び・2m55

ゲーム・トップへ