1997年の年末に出たPS用レースゲーム、止まってる絵はキレイなんですが

家庭用なだけに、やはり動きは悪いです、BGMも冴えずゲーム全体が地味な雰囲気

 

チューンナップをしていく、グランツーリスモモードというのが、このゲームの

本線な遊び方なんですが私はそれが面倒なのでクイックアーケードモードの

タイムアタックをやっています、コースはいつも同じクラブマンステージルート5

車もいつも同じ1番速いホンダNSXで必ずオートマ

 

このゲームをやってスグ気付いたのは、コーナリングの時に壁がある所では

ちゃんとドリフトをして当たらないように走り抜けるより、うまく車体を壁にぶつけながら

行った方が速いことです、これはレースゲームとして完全に作りが失敗しちゃってる

ことを表してるんですが、私は逆に、ここにオリジナリティーを感じました

そう、グランツーリスモファンの間でよく言われる、”壁走り”ってやつです

その舞台となるのが壁のある高速道路のクラブマンステージルート5


クラブマン・ライン取り

 

アクセルのボタンを押し続けてスタート、ゆっくりやや左側に位置させて行って

まず最初のトンネルの右コーナーが来たら、まずインから右カーブに入った後すぐ

左に振って、その後すぐの長い左カーブをできるだけ左の壁ギリギリに走ります

コーナーを抜けかかる所で、車体をちょっと左に戻して、まっすぐにしたら

アウトに持って行き、次の右カーブのインに思いっきり突っ込んで

すぐ車体をまっすぐにしてスリップを抑えた後、出来るだけ右に持って行き

ちょっと行くと緑の看板がある左の急カーブが来るので

やや、イン寄りに入って行ったら、わずかにサイドブレーキでドリフトをして

スピードを落とさないように、右側の壁に車体後方をぶつけてスグ右に回すように

車体をまっすぐに直しますが、ここが結構難しい所、このコーナーの立ち上がりが

重要で、そこからしばらくの加速の伸びを決めてしまいます、この左カーブは

インに突っ込むとキレイな曲がり方も出来ますが、そうすると逆にスリップが長く

なってしまうので逆に遅くなり、さらにその後のスピードが伸びなくなってしまいます

ここを抜けると、ゆるやかなS字が続くので、このゾーンでは出来るだけ、インに

寄るように曲がりを極力抑え、思いっきりスピードを上げていきます

直線の終わりでは、220キロくらいは出るようにして行き、右側に寄ります

左カーブが来たら、アウトから思いっきりインに突っ込むと、減速しないでも

ギリギリ、当たらずコーナーをクリアできます、これが成功すると170キロが

キープ出来ます、で、スグ、赤白の壁がある最終左カーブが来るので

右に位置させ今度は、アウトから左カーブに入ってきます

ここが1番のポイントで、赤白の壁に車体右後方を、かすらせるようにぶつけたら

スグ車体を右に戻します、勢いで右側の壁に当たりそうになるんですが

ここでは当たる当たらないよりも、とにかくいち早く、加速状態に持って行きます

加速していって、1周目を終わらせた瞬間、206キロくらいが出てれば速い時

ゆるやかに左に持って行ったら、またトンネルの右カーブが来るんですが

1周目と違うのは、その時点で220キロくらいまで出たスピードをできるだけ

長く生かしたいので、トンネルの右カーブにややインから入ったら、そのまま

直進気味に左カーブに突っ込んで行き、車体右後方を思いっきりぶつけます

このあとは、全部1周目と同じ

1周目で良いタイムが出てもあせらず、2周目も最速を目指しましょう


クイックアーケードモード・タイムアタック・クラブマンステージルート5

NSX・オートマ・自己レコード


1周目

57秒533 2000年1月21日

57秒466 2001年5月27日

57秒465 2001年6月10日

57秒393 2001年6月11日

57秒229 2001年6月12日

57秒192 2005年9月11日


2周目

50秒797 2000年1月21日

50秒448 2001年6月13日


トータル

1分48秒640 2000年1月21日

1分48秒596 2001年6月10日

1分48秒056 2001年6月13日

ゲーム・トップへ