English
大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり懇談会
まちづくりガイドライン2014
パブリックコメント総括
懇談会開催記録
ご意見・ご感想
 

「大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり懇談会」(以下、懇談会)は「大手町・丸の内・有楽町地区」(上図参照、以下、当地区)において、公共と民間の協力・協調(P. P. P.)によって都心に相応しいまちづくりを進めることを目的に平成8年9月に設立されました。懇談会は、千代田区、東京都、一般社団法人大手町・丸の内・有楽町地区まちづくり協議会、東日本旅客鉄道株式会社の4者により構成されています。

懇談会は、当地区のまちづくりに関する基本的な方向について、各者が対等の立場から自由に討議する場です。「大丸有地区まちづくりガイドライン」、「屋外広告物 ガイドライン」、「デザインマニュアル」、「緑環境デザインマニュアル」を策定しています。

また、懇談会の活発な議論を皆様に周知し、ご理解を得るとともに、皆様のご意見・ご要望をできる限り反映させるために、様々な活動を行っています。


 
Copyright(C)2006  Advisory Committee on Otemachi-Marunouchi-Yurakucho Area Development All Right Reserved.